オコタンペ湖

なかのさんなかのさん

掲載日:2019.08.13

北海道らしくない暑さが続きましたが体調はどうですか?

 

会社もお盆休みに入りまして、何をしようか考えていたのですが、千歳のオコタンペ湖に行ってみたいと思っていたことを思い出して行ってみることにしました。

 

オコタンペ湖というのは

オコタンペ湖は、阿寒湖近くのオンネトー、然別湖近くの東雲湖と並び、北海道3大秘湖と称される神秘の湖です。
恵庭岳の西山麓にある周囲5km、最大深度21.1mのせきとめ湖で、鬱蒼と繁る原生林に抱かれ、天候や見る角度・時間によって、湖水の色がエメラルドグリーンやコバルトブルーなどに変化して見えます。
オコタンペ湖周辺の森林は、針葉樹と落葉広葉樹が自生している針広混交林となっています。多様で原生的なこの天然林を保存するため、森林生態系保護地域(森林法)に指定されています。

https://www.welcome-to-chitose.jp/archives/tourism/333.html

 

千歳市からは約40分で到着できます。

途中支笏湖道路を通っていくと緑がきれいで目の保養になります。

お盆なので途中の支笏湖温泉街やポロピナイキャンプ場が混んでる様子を見つつオコタンペ湖に到着です。

あれ?展望台があるはずなのに展望台らしきものはなにもない・・・道を戻ると看板を発見したので車を停めてみることに

フムフム・・・眼下にあるって書いてあるけどどこ?

あっ少しずれると木の間から湖らしきものが!

あれ?遠い・・・

残念ながら、通行止めになっていて近くには行けないようです。

ん〜曇りの影響か、コバルトブルーも端っこしか見えないですね。

 

もっときれいな映像が見たい方はこちらの動画から見ることができます。

早く近くまで行けるようになってほしいですね。

ではではまた。

 

関連する記事