4月2日の変わり目

やまだやまだ

掲載日:2019.04.02

またも前のブログから時間が空いてしまいました。山田です。

昨日から新年度が始まりました。
今年は新しい元号「令和」も発表され、4月1日というのは日本において“変わり目”の日だなーと思います。


そんな日本で、4月2日が変わり目になっているものがあるのはご存知でしょうか?

それは、学年の変わり目です。

学年の変わり目というと、3月31日・・と思っている方が多いのではないかと思います。
しかし実は違います・・。

「年齢計算ニ関スル法律と民法第143条」によると、年齢が変わるタイミングというのは「誕生日を迎える前日の終了時(午後12時)」となっているそうです。
法律上では誕生日を迎えた日に年を取るのではなく、その前日を終える段階で年齢がひとつ増えることになります。
4月1日生まれの人は3月31日の午後12時に年を取るということです。

そして「学校教育法 第17条」によると、小学1年生になるのは「満6歳を迎えた日の翌日以後における最初の学年の初め」とされています。
一方で「学教法施行規則 第59条」では「小学校の学年は、4月1日に始まり、翌年3月31日に終わる。」とされています。

つまり、4月1日が誕生日の人は、3月31日を終えた時点でに満6歳となり、次の日の4月1日が「最初の学年の初め」となるので、早生まれ扱いとなり、一学年は4月2日生まれから翌年の4月1日生まれの児童生徒までで構成されるということです。


文部科学省のサイトを見ると、4月1日生まれの児童生徒の学年について、図解で説明がされています。

文部科学省Webサイト
4月1日生まれの児童生徒の学年について
http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/shugaku/detail/1309966.htm


何でこんなことを書いているかというと、私が4月1日生まれだからです。
同じ学年の中では常に一番若い・・というのが学生時代でした。

よく早生まれは損と言われますが、最強の早生まれの私にとって、特にそれで損をした記憶はありません。

保育園のお誕生日会のときになぜか3月生まれの子たちと一緒に祝われた・・というのが納得いかない思い出なのと、
20歳になるのが最後だったので、アルコールの解禁が遅かった・・くらいでしょうか。

小さい頃に体格の差が・・という話も聞きますが、
5月生まれの弟でも学校生活のほとんどをクラスで一番小さい男子で過ごしたので、あまり関係ないんじゃないかと思っています。
無論、私もずっと背の順では一番前に並んでいましたが。


そんな4月1日生まれですが、@nark202 さんがTwitterで公開している誕生日ランキングによると、日本で362番目に多い誕生日だそうです。
言い換えると、日本で5番目に少ないということですね。
他に少ないのは、2月29日や年末年始のようです。年末年始は病院が産ませたがらない・・と聞いたことがあります。


そして気になるのが4月2日が2番目に多い誕生日だということ。
4月2日は前述の通り学年が始まる変わり目の誕生日なわけですが、3月の末や4月1日生まれが少ないのに対し、
4月2日だけ多いとなると・・

これは出生日を偽って提出している人がたくさんいるのでは??
という疑惑が・・。

念のため私の母に確認してみましたが、「私が産んだ病院ではそんなこと聞かれなかった!」とのことでした。
病院に寄るのでしょうか?

しかし学年が違うというのは、日本においてはけっこう大きなことだったと思います。
関わる人も変わってくるし、景気によって就職のしやすさも変わってきます。
もはや運ゲームといえますね。


最後に、4月1日生まれの有名人について。
私がパッと思いつくのは、元読売巨人軍の桑田真澄投手です。
女の子向けの占い本などでも桑田選手の名前が載っていたのですが、チョイスが渋い。
それくらい、4月1日生まれって少ないということなんでしょうね。
ちなみに、さきほど検索してみたら、女優の竹内結子さんや作家の林真理子さん、Hey! Say! JUMPの岡本圭人さんなんかが出てきました。

有名人じゃなくとも、4月1日生まれの人に会ったことってほとんどないような気がします。
4月1日生まれオフ会とかあったら参加してみたいですね。

関連する記事

記事はありませんでした…
kumaaa-